食糧人類のネタバレと無料試し読み情報

食糧人類のネタバレと感想を綴るブログです。あらすじや無料の試し読み情報も!

ネタバレ

食糧人類1巻ネタバレと感想 4話のあらすじ【ナツネの想いとは?】

更新日:

食糧人類 4話 ネタバレ
食糧人類4話ネタバレ

こんにちわ!こんばんわ!
Rinkoです!

 

引き続き食糧人類を読んだ感想をまとめてみました。
この記事には、食糧人類のネタバレも含みますので、ネタバレがイヤな方は、漫画を読んでみてくださいね。

 

前回までのお話で、施設にさらわれた伊江とカズは、施設内で出会ったナツネと山引と共に閉じ込められていた部屋から脱出することに成功します。

 

しかし、伊江達がその先で見たものは、なんとも信じがたい光景でした。

 

参考記事
食糧人類1巻ネタバレと感想 3話のあらすじ【脱出した先には・・】

食糧人類 3話 ネタバレ こんにちわ~♪Rinkoです。   今日も張り切って食糧人類を読んだ感想をありのままで書いて行こうと思います。   前回の食糧人類1巻の2話では、ナツネと ...

続きを見る

 

この先は、食糧人類のネタバレを含みます!ネタバレに抵抗ある方は、無料の試し読みで漫画を読んでみて下さいね。

 

試し読みするなら、U-NEXTがおすすめです。
今なら、31日間無料トライアル中で、600円分のポイントも付与されます。

 

詳しくはコチラ

 

食糧人類1巻 4話のネタバレ

牢屋の中から、催淫剤でおかしくなった女性達の叫び声が響いている。
そして、山引達の視線の先には、山引に興奮剤を打たれた作業員が仲間の作業員を襲っている。

 

山引はそんな光景を眺めながらも、冗談を言う余裕を見せた。
しかし、ナツネはそうではなかった。

 

ナツネは薬でおかしくなった作業員をぶっ飛ばし、襲われていた作業員に、牢屋の中の女性は助かるのかと聞いた。
助けられた作業員は痛がりながらも、ナツネの質問に答える。

 

「運良くここを出られても、奴らは一生あのままだよ」

 

その瞬間、ナツネの拳が作業員の顔面をとらえる。

 

ナツネに殴り倒された作業員は、またも薬でおかしくなった作業員に襲われ始めた。

 

ナツネ
ナツネ
お前なんぞ・・・一生オ○ホで終われ

 

牢屋内で作業員の叫び声が響き渡る。

 

死んだ子供を抱く囚人

伊江達の立っている方に向かう足音と異様な匂い。

 

伊江達が匂いのする方向を見ると、そこには一人の女性が立っている。
女性の周りには、無数のハエが飛び回っている。

 

女性は死んだ赤ん坊を抱いていた。
その姿は正常な人間ではなく、完全に頭がおかしくなっている様子だった。

 

女性は、伊江達に向かって子供を抱いてほしいとせがむ。
どうやら伊江達を子供の父親と思っているらしい。

 

山引
山引
本当にぶっ壊れたのが来ちゃいましたね

 

ナツネは神妙な面持ちで女性を見つめる。
伊江は近づいてくる女性を見て思わず後ずさりする。

 

しかし、ナツネはひとり女性の前は立ち、微笑みかけると、優しく言葉をかける。

 

ナツネ
ナツネ
ありがとう。よく頑張って産んでくれたな

 

ナツネは女性にそう言うと、優しく肩を抱き女性にキスをする。
キスをしながら涙を流す女性。

 

そして、ナツネは抱きしめた女性の体を思い切り締め付けて殺した後、横たわった女性に向けて手を合わせた。

 

山引が考える施設の真相

山引は思ってた以上に施設が大きいと話す。
人間を監禁・繁殖・飼育・解体する施設なんて誰が何のために運営しているのか?

 

当初、山引は、反社会的大組織による人間の臓器売買ビジネスだと考えていたが、実際に地球の生物とは思えないものを見ている以上は、その可能性はないと言った。

 

伊江は山引の考えはどうでも良かった。
それよりも一刻も早く施設から脱出をしたかったからだ。

 

伊江
伊江
そっ・・そんなことより今は一刻も早くここを脱出することを考えましょうよ!

 

伊江が山引に訴える。

 

それまで女性のそばで座っていたナツネは立ち上がり言った。

 

ナツネ
ナツネ
俺は出ない・・・俺にはやることがある・・・

 

ナツネの意外な一言に慌てる伊江だったが、ナツネに続き山引も出たくないと言う。
こんな施設から出たくないと言うナツネと山引が信じられなかったが、伊江はカズを連れて施設から出ようとする。

 

しかし、カズの姿がどこにもない。
周りを見渡す伊江に、どこからかカズの声がした。

 

カズ
カズ
コッチ来てみろよ!おーもしれーぞお!伊江えええ!

 

大声で叫ぶカズに焦る伊江だったが、山引は何が面白いのか好奇心が先立つ。

 

伊江達はカズのいる方向へ走りカズを黙らせたが、カズが面白いと言ったものを見た伊江は固まった。

 

そこには、得体の知れない無数の生物が保管されていた。

 

食糧人類1巻 4話の感想

牢屋に閉じ込められた女性たちが可哀相過ぎます。

 

ただ産むだけを目的にされ薬を打たれ続けるなんて酷すぎる!
このシーンは、自分にとってかなり衝撃的でした。

 

でも、ナツネはそんな女性に対してすごく優しい一面を見せましたね。
最初はすごく冷酷な人間なのかと思っていましたが、実は心優しい人なのかもしれません。

 

ナツネにはまだまだ謎がたくさんありますが、きっとこの先にその優しさの真相を知ることができるのでしょう。

 

一方で、山引の変態っぷりはぜんぜんブレることを知りませんね。
なぜ、ナツネは山引と行動を共にしているのかも謎です。

 

この先、そのことも漫画の中で語られるのでしょうか?
どちらにせよ、先の話が気になります。

 

食糧人類はグロかったり、胸糞悪いシーンもあったりしますが、口コミは良い漫画です。
気になる方は、ぜひ無料の試し読みを利用してみて下さいね。

 

U-NEXTなら、31日間の無料トライアル中で、600円分のポイントが付きます。
本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は、U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

詳しくはコチラ

 

食糧人類1巻5話のネタバレ記事はこちら

>>食糧人類1巻のネタバレと感想 5話のあらすじ

 

 

 

 

 

-ネタバレ
-, , , , ,

Copyright© 食糧人類のネタバレと無料試し読み情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.